クレジットカードは為替事務手数料と海外旅行保険が大事。損をしないクレジットカード選び

2019年6月30日

クレジットカードはそれぞれ為替(事務)手数料と海外旅行保険付帯が違います。


海外使用のクレジットカードは「事務手数料が安い」ことと「海外旅行保険が付帯していること」の2点が大事です。それぞれ会社ごとに違いが大きいからです。

クレジットカードの為替手数料の計算

・為替は 少し前まではMasterCardがお得と言われていましたが、日々変動しているためにこの比較は難しく、より大きな為替(事務)手数料と海外旅行保険に注目するのが良いと思います。

・海外旅行保険は1週間の旅行で北米の場合は約2500円~3000円の海外旅行保険が必要です。ただし年会費無料のクレジットカードでも旅行保険が適用される場合があります。

・海外保険はほとんどのカードがその旅行で航空券などを保険を使うクレジットカードで購入することが必要です。(楽天の場合も旅程のいずれかをクレジットカードで購入することが保険適用の条件です。)

年会費無料のクレジットカード:為替手数料比較一覧

結論は、楽天カードJCBワイドカード(39歳まで)が最もお得です。

JCBは使える場所が少なかったりするので、キャンペーンの内容と自分の使い方を考えながら決めるのが良いと思います。

カード

旅行

保険

(AIG)

楽天

カード

JCB

ワイド

カード

イオン

カード

三井住友

カード

JAL

カード

ANA

カード

手数料

1.63% 1.60% 1.60% 2.16% 1.60% 1.60%

年会費

初年度

無料 無料 無料 無料 無料 無料

年会費

次年度

無料 無料 無料 1,250円 2,160円 2,160円

海外旅

行保険

死亡

1000万円 2000万円 2000万円 500万円 2000万円 1000万円 1000万円

後遺

障害

1000万円 2000万円 2000万円 500万円 2000万円 1000万円 1000万円

障害

治療

1000万円 200万円 100万円 50万円 100万円 なし なし

疾病

治療

1000万円 200万円 100万円 50万円 100万円 なし なし

賠償

責任

1億円 2000万円 2000万円 2500万円 なし なし

救援者

費用

1000万円 200万円 100万円 250万円 100万円 100万円
携行品 10万円 30万円 20万円 20万円 なし なし